Fallout4 ~PS4へのMOD対応について

しばらく更新できませんでした。仕事が忙しいので(言い訳

さて、ゲームは相変わらずFallout4三昧で、DLCの『Vault-Tec Workshop』を購入して遊んでいました。残すは最後のDLC『Nuka-World』のみですね。パソコン版では既に配信されてるんですけど、国内向けのコンシューマ(CS)機には未配信です。早く来ないかな~。

そんなFallout4ですけど、最大の売りはユーザーが作成した独自データを使ってゲームを自由にカスタマイズできるMOD対応で、XboxOneではCS機としては異例のMOD対応ゲームとして注目されていました。

PS4でもMOD対応に向けて開発側がソニーと協議を続けていたんですけど、ソニーはMOD対応を見送る決定を下した模様です。

■PS4 Mod Update(公式サイトにジャンプします。英語です。)

XboxOneは製造元がソフト屋のMicrosoftなので、Windowsパソコンに近い言わばゲームパソコンの廉価版的な位置付けのゲーム機なんですけど、それ故に色々開発しやすい面があるらしいです。Xboxはゲーム機本体の基幹OSがあって、それの上でゲームを動かす仮想OSが動いているので、ユーザー作成のデータを色々つっこんでもXboxの基幹OSにはなんら支障がないのです(ざっくり説明するとこんな感じ…おそらく)。

なので、CS版のFallout4がMODに正式に対応するというインパクトはユーザーにとっては実に大きいものでした。従来はMODと言えばパソコン版でこっそりユーザーが遊ぶものだったからです。著作権とか色々絡んだりするし。2GBという容量制限はあるものの、MODを導入するしないではゲームの面白さがまるで違います。グラフィックや武器やゲームシステムそのものまでカスタマイズできるようになるので。

当初はPS4でもMOD対応できるようにしていくよ、というアナウンスがされていたんですけど、今回のソニー側の決定によってPS4ユーザーがMODでゲームをカスタマイズできる楽しさを味わえないのは実にもったいないことだと思います。

MODを導入することでPS4のセキュリティが危険に晒されることを嫌ったのか、それともMODデータ管理のコストが採算が合わないと判断したのか、理由は分かりませんが。

PS4はスカイリムのリマスターである『The Elder Scrolls V: Skyrim Special Edition』でもMOD対応はしないとのことなので、MOD対応するCS機はXboxOneのみということになりました。

MODを本当に楽しみたいのであれば、高性能なCPUとグラフィックボード、大容量のメモリを詰んだゲームパソコンの方が最適なのは言うまでもありませんが、パソコン版のゲームにMODを適用しようとするとMODの管理ツールやら設定やらで何かとハードルが高いのが現実です。自分もPC版スカイリムにMODを導入しようとして色々四苦八苦しましたので。

その煩雑さを解消してMOD導入のハードルを下げたXboxOne版のFallout4はかなり偉大なことを成し遂げたタイトルだと思ってます。高性能なゲーム用パソコンに10~20万円も出すのであれば、XboxOneの方が遥かに経済的だし。

ということなので、MODを入れて遊んでみたい、でも高いPCはちょっと手を出しづらい、という方はこの際、XboxOneの購入を検討してみてはいかがでしょうか。サンセットオーバードライブやForzaとか色々面白い専用タイトルも豊富にありますよ。もう少し待てばXboxOne S、さらにはより高性能なスコルピオも発売されますよ。

…宣伝みたいになってしまった(;´Д`)
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :


プロフィール

 newtaro

Author: newtaro


◆アイマスとかアーマードコアとかいろいろ好きです。
◆お絵かきします。プラモデル作ります。ゲームします。
pixivやってます。


◆リンクフリーです。ご自由にどうぞ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
FC2カウンター
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
このページのトップへ